片瀬蒼子

1話「 好きな女の子を自分の手で初めてイかせてた夜」ネタバレ・感想

月間ランキング上位の人気作!
魔法のホール 寝てる子開発えっち魔法のホール 寝てる子開発えっち

俺の家に届いた魔法のオ〇ホ。

一番に思った女の子のおま〇こと連動するらしいが…

 

隣の家の純粋で可愛い女の子に

毎晩魔法のオ〇ホでイタズラしまくり!!

 

俺も…このオ〇ホ欲しいッ!!

と思ってしまうほどエロい作品です!

無料試し読みは画像↓をタッチ!
魔法のホール 寝てる子開発えっち「魔法のホール」で検索!

魔法のホール 寝てる子開発えっち 1話 ネタバレ

俺の家に届いた1つの段ボール。

 

開けてみると…

SNSで当選した魔法のオ〇ホが入っていた。

 

説明書きを読むと…

1番最初に思い描いた女の子のおま〇こと連動する。

触った感覚も相手に伝わる。

目を閉じれば相手のことを見ることが出来る。

突っ込めば遠隔エッチが可能w

 

マジかよw

こんなこと出来たら最高だけどさ…

こんなこと無理だろww

とバカにしちゃった俺。

 

だけどさ…

万が一…

万が一ってことがあるからなw

と思いながら…

 

俺は魔法のオ〇ホを持ちながら

隣の家に住む

可愛い女子高生の女の子を思い浮かべた…。

 

すると…

なんと目を閉じているのに

隣の家の女の子が見えているのだ!!

 

マジ?!?!

ホントかよ?!

と俺はびっくり!!

 

しかも女の子は入浴中!

 

試しに魔法のオ〇ホを

さわさわっと触ってみると…

 

 

!!!!!!!

誰かに触られた感覚がした女の子は

突然の感覚にびっくり!!

 

おばけなの?!

と言いながらお風呂から出て行った…。

 

これ…

マジもんじゃん!!

 

魔法のオ〇ホの威力に感動した俺w

 

俺はこのオ〇ホを使ってあることをしてみた。

 

日付が超えた0時過ぎ。

女の子が恐らく寝静まった頃、

俺は再び魔法のオ〇ホを使ってみることにした。

 

俺の隣には

台所から持ってきたお皿。

 

そのお皿にローションを少し出して…。

 

魔法のオ〇ホをローションを付けた指で

クリクリといじってみたのだ!

 

んッ…、

寝ているのに感じちゃってる女の子。

 

調子に乗った俺は

さらにエッチなイタズラをしまくっちゃって…!

 

続きが気になる方は本編をご覧ください。

無料試し読みは画像↓をタッチ!
魔法のホール 寝てる子開発えっち「魔法のホール」で検索!

魔法のホール 寝てる子開発えっち 1話 おすすめひとコマ

なにこのエッチなオ〇ホは!!ww

こんなオ〇ホあったら

俺も使いたくなるに決まってんじゃんww

 

そんなことを思った1話のおすすめひとコマは…

夜中、寝ている女の子に魔法のオ〇ホで

クリをいじりまくっちゃうコマ!

 

寝ているときにいじっちゃっても

全然起きない女の子。

 

だけど…

寝ながら完全に感じちゃってるw

 

寝ながらも感じちゃってるってところが

なかなかのエロポイントだと

俺は思ってんだけどねw

 

この人気作、

俺は全話読む価値があると思っているので

今から読んでみたいと思いますw

無料試し読みは画像↓をタッチ!
魔法のホール 寝てる子開発えっち「魔法のホール」で検索!