家出少女と無人駅

1話「無人駅にいた家出少女」ネタバレ・感想

家出少女と無人駅 1話

【家出少女と無人駅】
家出少女と無人駅

悶々堂の最新作!

 

無人駅に降りると…

おじさん!お金ちょうだいよ!

と卑猥な姿で金銭を要求してくるJKが!!

 

俺の理性のストッパーが外れてしまい、

JKと無人駅であんなことやこんなこと♪

JKと俺の性欲のままに激しいえっち!

 

コチラの作品は無料試し読みできますので

下↓をタッチして読んでみてくださいね。

【家出少女と無人駅】
無料お試しはこちら!」

こちら↑をタッチした後、

左上にある↓をタッチして
TOPページへ移動してください!

「家出少女」で検索!

 

1話「無人駅にいた家出少女」ちょっとネタバレ

会社をリストラされた俺。

心が完全に折れてしまい、俺は田舎に帰省することにした。

 

帰省途中にとある駅で降りると…

なんと!!

そこには卑猥な姿で俺を見つめるJKが!!

 

可愛いパンツ、そしてパンツの下がどんな風になっているのか…

ついつい妄想してしまった俺。

 

そんな俺にJKが…

ねぇ、おじさん!お金ちょうだい!

と金銭を要求してきたのだw

 

なぜお金がいるのか、俺が尋ねると…

どうやら電車賃が足りないようだ。

 

こうすればお金なんてすぐにもらえるよ、って

友達が言ってたから…

と、卑猥な姿をさらしていた理由も教えてくれた。

 

もしかして…家出中なの?

スマホを持ってるだろうから親に連絡すればいいのに、

親を頼らないあたり、家出だろうなと容易に考えれた俺。

 

なんで?わかるの?

とJKはびっくりしているw

 

親が来る気配もなし。

幸いこの駅は無人駅。

目の前には卑猥なJK…。

 

こんなチャンス、2度とないだろ!

理性が完全にぶっ飛んだ俺がJKに言ったのは…。

 

お金あげるからさ、

まずおっぱい見せてくれるよね!

さっきからブラウスの下が透けて気になっていた俺。

 

お金をくれると聞いて、

素直に従うJKはブラウスを脱ぎ…。

 

可愛い下着姿のJKへ♪

 

ブラ、邪魔なんだけど!

と言うと、大人しくブラも外してくれ…。

 

まだピンク色のツンとした乳首。

そしてたわわなおっぱい♪

 

はぁああああぁ!!

サイコー!!

と心の中で叫んだ俺は…。

 

パンツの中もどうしても見たくなり…♪

 

続きは第1話本編をご覧ください!

【家出少女と無人駅】
無料お試しはこちら!」

こちら↑をタッチした後、

左上にある↓をタッチして
TOPページへ移動してください!

「家出少女」で検索!

 

1話「無人駅にいた家出少女」おすすめのひとコマ

この1話のぜひ見てもらいたい!

おすすめのひとコマ!

 

それは…

ちょっとお尻こっちに向けて♪とお願いし、
壁に寄りかかりながらお尻を突きだすJKのコマですね。

 

もちろんね、

ナマおっぱいを出してるコマもおすすめなんですよ!

 

ほんとに綺麗でツンとした乳首♪

たわわで思わず顔を埋めたくなるほどのおっぱい♪

 

だけどですね…

壁に寄りかかって、お尻を突き出しているJK。

 

この表情がね、サイコーなんですw

 

もうJKというより、オンナの顔しちゃってますから♪

 

もう服従してます♪って感じの顔ね。

オトコなら好きな顔ww

 

ぜひこちらのコマ、読んでみてくださいね♪

【家出少女と無人駅】
無料お試しはこちら!」

こちら↑をタッチした後、

左上にある↓をタッチして
TOPページへ移動してください!

「家出少女」で検索!