ましゅまろまろん

1話「コンビニですれ違った女の子が突然倒れて…」ネタバレ・感想

私…あなたのお嫁さん!? 保護した女の子が記憶喪失だったので嫁だと言ってみた。 1話

君は僕のお嫁さんなんだ!
私…あなたのお嫁さん!? 保護した女の子が記憶喪失だったので嫁だと言ってみた。私…あなたのお嫁さん!?
保護した女の子が記憶喪失だったので嫁だと言ってみた。

自宅の前で急に倒れた女の子。

びしょ濡れだったので、自宅で保護したんだけど…。

 

どんどん冷たくなる女の子を温めようと

服を全部脱がす俺。

 

さらに俺も裸になり、素肌で体を温めたのだが…

俺のモノが興奮してしまった!

 

ちょっと…ちょっとだけならいいよな?

と、目の前にあるおっぱいを触ってしまい!!

 

俺と女の子の偽夫婦生活を満喫!!

 

下↓をタッチすると

こちらの作品を無料で試し読みするとが出来ます!

【私…あなたのお嫁さん!?
保護した女の子が記憶喪失だったので
嫁だと言ってみた。】
無料試し読みはこちら!」

こちら↑をタッチした後、

左上にある↓をタッチして
TOPページへ移動してください!

「あなたのお嫁さん」で検索!

1話「コンビニですれ違った女の子が突然倒れて…」ネタバレ

雨の日、コンビニで買い物をした俺。

 

大雨なのに目の前を、

傘もささずにずぶ濡れの制服女子が歩いている。

 

ちょうど俺の家の目の前に来た時!

急にその制服女子が失神してしまい!!

 

俺は制服女子を受け止めたが、

胸をわしづかみにしてしまい戸惑うw

 

こんな大雨だし…

ということで、家の中に保護をした俺。

 

ずぶ濡れの制服女子を

濡れた服の上からタオルで拭く…。

 

どんどん冷たくなっていく女の子…。

 

このままじゃヤバイ!

と、濡れた制服を脱がせていく俺。

 

これはこの子を助けるため…と

冷静に…なったつもりで対応していくw

 

制服を脱がせてもまだまだ冷たい女の子。

 

救急車!!

と思ったが、目の前には裸の女の子。

 

俺が犯罪をしたなんて疑われたら…

俺の人生丸つぶれだ!!

と考え、どうやって女の子を温めればいいか考えた結果。

 

俺が服を脱いで、素肌で温めるという作戦に出た!

 

15分もすればだんだん暖かくなってきた女の子。

 

しかし目の前にはたわわなおっぱい…。

 

コンビニでグラビア雑誌を買った俺には

我慢できない状況ではある。

 

童貞の俺は、目の前のおっぱいに我慢できなくなり…

ちょっとだけ…

ちょっとだけならいいよな…

と、おっぱいを触ってしまい…?!!?

【私…あなたのお嫁さん!?
保護した女の子が記憶喪失だったので
嫁だと言ってみた。】
無料試し読みはこちら!」

こちら↑をタッチした後、

左上にある↓をタッチして
TOPページへ移動してください!

「あなたのお嫁さん」で検索!

 

「私…あなたのお嫁さん!? 保護した女の子が記憶喪失だったので嫁だと言ってみた。」1話 おすすめひとコマ

この作品、女の子が個人的に好みだわw

2話以降も読みたいッw

 

この1話のおすすめひとコマは…

濡れた女の子を自宅で保護した俺が、

女の子の制服をどんどん脱がせるコマ!

 

もうね、無防備に脱がされる女の子がたまんないッ!

 

それにね、ブラを脱がすときのね…

このなんともいえない肉質感?!

つい触ってしまいたくなるぷにぷに感がサイコーですww

 

おっぱい好きならたまらないはず!!

 

ぜひ無料試し読みを読んでみてくださいね。

【私…あなたのお嫁さん!?
保護した女の子が記憶喪失だったので
嫁だと言ってみた。】
無料試し読みはこちら!」

こちら↑をタッチした後、

左上にある↓をタッチして
TOPページへ移動してください!

「あなたのお嫁さん」で検索!